信頼性の高い業者を探そう

>

世界の貧困事情

貧困とは

貧困の定義は国で異なります。
世界銀行では1日1.9ドル未満で暮らす人を貧困層と定めています。
必要最低限の基準が満たされていない状態の絶対的貧困と特定の集団の中で比較して貧しい状態の相対的貧困があります。
健やかな成長には、栄養、水、衛星施設、住居、物などなど、基本的な社会サービスを仕様できる環境は日数です。
世界には防げる病気で亡くなっている5歳未満の子供は年間に590万人ほどいます。
その三分の二は下痢や肺炎など予防、治療できる病で命を落としています。もちろんその他には栄養不慮などの理由もあります。
私たちは直接的な支援はできませんが、間接的に何かしらの行動で役に立てることがあります。
不用品を出すだけで命を救えるかと言ったら、それは難しいです。
ですが、彼ら彼女らの生活に少しでも潤いや華やかさを与えることはできます。
些細なQOLの向上を手伝えるだけでも人助けとしては十分です。

どんな支援が必要?

50年以上の支援活動を経て、物だけを支援するだけでは貧困問題の解決にならないことがわかったそうです。
貧困解決の効果的な手段として、現地の人々の力を引き出し、段階的な支援が求められます。
ステップ1は3年ほどかけて信頼関係を構築します。
ステップ2では10年ほどかけて、現在の厳しい生活の中で希望が持てるよう食料不足や水の衛生面確保、医療や教育面の充実など基本的なサービス、生活の改善を目指します。
最終ステップでは幼い子どもや地域の人が力を宿し、自分たちの手で生活を改善し活動を継続していくことができるよう1年ほど準備します。
これで終了です。
ある地域ではこのプログラム実施後にきれいで安全な水が飲める世帯が7倍ほど増えたり、学校の新しい教室ができてもともと180人定員が427人まで増えたこと、食事に関しては毎日3色きちんと食べれるまで食料が充実した、などなど素晴らしい実績をあげることができたみたいです。


シェアする